= 2781

伊達直人は群馬県在住の河村正剛氏だった!タイガーマスク運動再び活気!

河村正剛

「伊達直人」という差出人が、全国の児童養護施設にランドセルを贈った「タイガーマスク運動」

 

タイガーマスク運動

↑始まりは2010年頃

 

この活動の先駆けとなった43歳の群馬県在住の男性が、タイガーマスク35周年記念に合わせ12月7日本名と素顔を公開するそうです!

善意ある活動をおこなってきた「伊達直人」さんについてお伝えします^^

Sponsored Link

「伊達直人」の生い立ちとは?

「伊達直人」を名乗る男性は河村正剛。大分県出身 群馬県在住の現在43歳です。

タイガーマスク

河村正剛

 

母子家庭に生まれた河村正剛さんは、幼くして母親も亡くし、ランドセルの代わりに風呂敷で小学校時代を過ごしました。

 

「自分と同じ環境の子供に自分のような経験をさせたくない!」

 

という強い思いから思い立ったのが、児童養護施設にランドセルを匿名で送るようになったきっかけだそうなのです。

誰でも簡単にできることではありませんし、両親のいない寂しさに潰されることなく同じ環境の子供たちを想うなんて、本当に素晴らしい方ですね。

ランドセルの子供

初代タイガーマスクと「伊達直人」の活動とは?

全国にタイガーマスク運動が広がった後、「伊達直人」は初代タイガーマスクの佐山聡さん(59)と知り合うことで、なんと一般財団法人「初代タイガーマスク基金」の活動にも参加していらっしゃいます!

 

佐山聡

↑佐山聡さん。(初代タイガーマスク)

 

再び「タイガーマスク運動」を盛り上げよう!

「伊達直人」さんが本名と素顔を公表する事になったのは、最近「タイガーマスク運動」が下火になってきているからだそうです。

多くの施設では、施設内の子どもたちにランドセルを買う余裕がないようで、子どもたちが小学校へ登校する際には、手提げバッグや簡易なリュックで行きます。

それが、他の生徒からみたらひと目で「施設の子」とわかり、いじめにつながることもあるそうです。

 

いじめ

 

「伊達直人」さんはタイガーマスク運動がもっと活発になることを望んでいます。

 

「再び関心が高まってほしい。子供が施設を出た後の自立支援にも広がれば」

 

と河村正剛は期待をよせています。

 

伊達直人

大変な勇気と様々な葛藤があったと思いますが、公表することでまた活動が盛んになるといいですね!

Sponsored Link