= 1199

今回は映画【となりのトトロ】のあらすじと感想をお伝えいたしますね!是非参考にしてくださいね^^

スタジオジブリの長編ファンタジーアニメです。大人になったら見えないと言われているトトロと姉妹のやりとりを通じて、大切なさまざまな事に気付かされます。

子供からおばあちゃんまでみんなが楽しめる作品です。

 

【となりのトトロ】 1988年  (点数100点中95点!)

■監督 宮﨑駿

■声の出演 日高のり子、坂本千夏、糸井重里 他

■上映時間 88分

 

時代設定は昭和30年代だとされています。主題歌の「さんぽ」「となりのトトロ」は今や知らない人はいないのではないか、というぐらいポピュラーな曲ですよね。

Sponsored Link

トトロ遭遇とサツキカット

小学校4年生のサツキと4歳のメイ、そしてお父さんは、田舎の古い家に引っ越してきます。大きなクスノキに見守られるように、自然と戯れる姉妹ですが、ある日びっくりするほど大きく、今まで見たこともない大きな大きな「トトロ」という生き物に出会うのです。

トトロ

お母さんは病気で遠方の病院に入院しています。幼い姉妹にとって、母親がいない生活はさぞ寂しいものでしょう。しかし、トトロに出会うことで、寂しさが吹っ飛ぶくらい楽しい経験をしていくのです。

余談ですが、私が子供の頃、ショートカットにするたび父親が喜んでいました。父はサツキのショートカットが大好きだったので、私はなかなか髪を伸ばせなかったんです。未だに髪を伸ばすと「サツキカットは?」と言ってきますwもう結構な大人なんですけどね~

となりのトトロ サツキ

↑サツキカット。スポーティで活発な子によく似合うスタイルですね

Sponsored Link

姉妹にとってのトトロ

サツキはお姉ちゃんとしてはパーフェクトな存在ですよね。

幼いメイのお世話やしつけもちゃんとするし、そして炊事洗濯もきちんとこなせます。大人になってサツキをみると、

なんてしっかりしたお姉ちゃんなの!

と改めて感心してしまいました。

めいとサツキ

メイがとうもろこしを持って失踪してしまうシーンは毎回胸が締め付けられます。捜索している時に感じたのが、田舎ならではの地域の連携ですね。

皆で暮らしているという意識は断然昔のほうが強いでしょうね。田舎でも最近は希薄になりつつ地域とのつながりについて考えさせられました。

映画【となりのトトロ】の感想とこんな人におすすめ!

かなり有名な作品なため、ストーリーにも色々な推測もありますが、子供の頃のような純粋なものの見方をしたい時にはおすすめの映画ですね!

となりのトトロ

今って、当たり前のように続編とかスピンオフ作品が出回っていますよね。全然違和感もないですし、あったらあったでついつい観てしまう性格なので、あえて言わせてください!

「続きが観たいな・・・」

となりのトトロ

お母さんがその後どうなったのか、とか大きくなった近所のカンタとの関係とか、メイがどんな少女になって、あのおんぼろお家がどう変わっていくのか、メイとサツキはいつごろからトトロがぼやけて見え始めるのか、とか。想像するとキリがありませんね~

とてもほのぼのしていて想像力を掻き立てられる、素晴らしい作品です。

Sponsored Link