= 2937

ママ友トラブル!相手を怒らせた場合はどうする?解決方法を教えて!

子供 

ママ友と聞くとどのような印象を持たれますか?

もしかしたら「ネガティブ」な印象を持つ人の方が多いかもしれません。

ママ友いじめやママ友問題など、ママ友関連のドラマだって毎年のように放映されていますし、ネット上では特に「うまくいっている話」よりも悩みや相談事の方が圧倒的に多いですね。

悩む女性

ママ友の悩みだけでなく、人間関係全般の悩みはつきものです。

ママ友トラブルの内容、トラブルが起こった時の対処法についてお伝えします!

Sponsored Link

ママ友とのトラブル!対処法はコレ!

①相手が怒っている、無視する、目を合わさない

怒る女性

もしかしたら自分が気付いていない間に怒らせるような言動があったかもしれません。

自分はよかれと思っててもそれが相手にとっては気に障る発言だったり、怒った相手に聞いてみないとわからないこともあるでしょう。

 

すでに怒っている相手が目も合わさない位冷たい雰囲気の場合、無理して聞き出したりせず会釈位の距離を保ったほうがいいかもしれませんよね。

目を合わして軽く会話できるレベルならいいですが、目を合わさないというのは相手からすると存在も受け入れがたい状況にあるかも!?

そんな状況なら余計に悪化させる事にもなりかねません。

森林

明らかな理由は怒っている相手しかわかりません。よっぽどコチラが謝らないといけない事であれば素直に謝罪すべきですが、

わからない事を推測で考える事は心身共に更にストレスになりよくない事なので、リラックスできるお店に入って気分を変えたり、なるべく自分がになる方向へ気持ちをチェンジしましょう。

Sponsored Link

②子供同士でトラブルがあった

幼稚園・保育園であった子供同士のトラブルは、基本的には園から双方に連絡があります。

幼稚園

しかし、人数の多い施設になると先生が認識できていない小さなトラブルもあるかもしれません。

結果、自分の子供の話だけを聞くことで事実と異なる状況を作ってしまい、余計悪化する可能性もあります。

子供同士で解決できなかった場合は、まずは一度幼稚園や保育園に事実確認をし、把握できていない場合でもやんわり相手方の話を聞いてみて何とか解決できる方向へ持っていけるといいですね。

ただ、内容によっては収拾つかない事態もあるでしょう。その場合はやはり先生と相談してなるべく円満に解決できたらいいですね。重く受け止めすぎて自分だけで溜め込まないようにしましょう。

 

③原因がわからない

なぜトラブルになっているのかさえわからなくなった人もいるのではないでしょうか?

わからない顔

自分が知らないだけで、ちょっと言った事に尾ひれがついて拡散・・・という事も女性同士はよくあるようです。

いずれにしても原因がわからない場合は対策もなにもないですよね。あまり推測せず、基本的には自然体で様子をみましょう。

すべてに言える事ですが、いくら苦手なママ友だからといっても最低限の会釈・挨拶は必要なのかなと思います。目を合わさないならともかく、軽くでも会釈をしないと自分自身の価値が下がってしまいますし、子供の親だという意識も必要ですね。

Sponsored Link

そもそもママ友は必要?いなくても大丈夫?悩むママ友関係

ママ友の関係って本当難しい… いろんな人がいるし、ちょっとした事で関係も崩れる。旦那に『面倒ならママ友辞めたらいいじゃん!』って言うけど… こちらは息子の送り迎えで行った時にほぼ毎日会うし、子供の為にもって思うと、仲良くしない訳にもいかなくなるんだよね

上の子が5ヶ月のときに離乳食講習会でできたママ友で、同い年ということもあり、気があうし、めちゃくちゃ仲良くしている。この年になってこんなに仲良くできる人がいるって幸せね。

 

嫌なこともいいこともあるけど、やっぱりママ友の存在は私には必要

子どもの頃からあまり友達付き合いは得意じゃなくて狭い世界の人付き合いしかしてこなかったけど、子どもが産まれたことによってそのコンプレックスを克服する機会に恵まれてる。

こっちに引っ越してきて、ママ友なんかいないから、ってか面倒くさくて作らないんだけど、お世辞言い合ってるのとか聞いたら、余計にいらないって思うよね(笑) ってか少し話しただけで、ランチに誘われても行かないよね。サバサバした人じゃないと付き合えない。

引用:Twitter

ピンク 花

色々意見もありますね。どのような状況であれ、特に女性同士は色々あります(^_^;)

ただ自分に非がある場合はこれを機に気づき、改善できる所は改め、いい人間関係をさらに気づくためのステップだと思っていいように考えていきましょう^^

Sponsored Link