「2016年9月」の記事一覧

ネタバレあり!いつの時代も愛される映画【ローマの休日】のあらすじと感想

未分類

今回は映画【ローマの休日】のあらすじと感想をお伝えいたします!ぜひ参考にしてみてくださいね。 オードリー・ヘプバーンといえば、ローマの休日!ですよね。モノクロ映画とは思えない色とりどりのチャーミングな表情のオードリーと、紳士的な正統派俳優のグレゴリー・ペックの楽しくも切ないラブストーリーです。

ありえない2人が恋人に!?映画【ノッティングヒルの恋人】のあらすじと感想

未分類

今回は映画【ノッティングヒルの恋人】のあらすじと感想をお伝えいたします!是非ご参考にしてみてくださいね~ 大女優と本屋の店員とのラブロマンス映画です。冴えない男性店員をヒュー・グラント演じるウィリアムがどう口説くのか!?男性にも参考になりそうなシーンも多いです。

クリスマスにまさかの停電!?映画【大停電の夜に】のあらすじと感想

未分類

今回は映画【大停電の夜に】のあらすじと感想をお伝えいたします!是非参考にしてみてくださいね~ クリスマスの夜に突然東京で大停電が起こるなかで色々な人たちの様子を描いた物語です。洋画で【ラブアクチュアリー】というのがありましたが、そちらの日本版群像劇のようなかんじですね。

シングルウーマンのパワフルな映画!【理想の彼氏】のあらすじと感想

未分類

今回は映画【理想の彼氏】のあらすじと感想をお伝えいたします!是非参考にしてみてくださいね^^ ハリウッドきっての美貌の持ち主!キャサリン・ゼタ=ジョーンズ主演の強くたくましく、そして胸キュン必至のラブストーリーです。久しぶりにキャサリン・ゼタ=ジョーンズの映画を観ましたがやはり正統派美人な顔立ちにうっとりしてしまいました。映画の内容に関しては一言もの申したいところもありましたが!?、理想のパートナーとはどんな人なのか考えさせられる映画でした。

イタリアの景色とキャストにうっとり!映画【ジュリエットからの手紙】の感想とあらすじ

未分類

今回は、映画【ジュリエットからの手紙】の感想とあらすじについてお伝えいたします。是非ご参考にしてみてくださいね~ 「昔送ったラブレターがまだどこかにあるかも!?」と思ったことありますか? まさか!殆どの人はもう存在してるハズないって思いますよね。映画【ジュリエットからの手紙】は、ある女性が書いたラブレターが50年後に相手に届いてしまうストーリーなのです!だからといってファンタジーな作品ではなく、手がかりとなるものを調べて徹底的に相手を探しに行く汗と涙のラブストーリーなのです。

【ネタバレあり】爆笑!こんなお医者さんイヤだ!映画【イン・ザ・プール】の感想とあらすじ

未分類

今回は映画【イン・ザ・プール】のあらすじと感想をお伝えいたします!ぜひご参考にしてみてくださいね~ 「ねえねえ、ドクロって漢字で書ける?」「四のつりばりに虫をさし、田中を串刺しにして女に食わす。嗚呼骨骨・・・」「髑髏(ドクロ)!」 映画のワンシーンにあるセリフです。映画イン・ザ・プールは、ある精神科に訪れる病的な癖をもった患者と変な精神科医との最高に笑えるストーリーです。

15年かけて一冊の辞書を作る!映画【舟を編む】のあらすじと感想

未分類

今回は映画【舟を編む】のあらすじと感想をお伝えいたしますね!ぜひご参考にしてみてください。 数々の賞を受賞し、ノミネートされ話題となりました映画【舟を編む】。いそうでなかなかいない登場人物たちが、15年かけて一冊の辞書を作り上げる感動ストーリーです。ほのぼのとした幸福感が、観終わった後でもじわりじわりと染み渡ってくるような映画です。

【ネタバレあり】運命の恋は11月限定!?映画【スウィート・ノベンバー】のあらすじと感想

未分類

今回は映画【スウィート・ノベンバー】のあらすじと感想をお伝えいたしますね!是非ご参考にしてみてください! キアヌ・リーブスとオスカー女優のシャーリーズ・セロン共演の恋愛映画です。当時、映画マトリックス等のヒットにより、押しも押されぬ勢いだったキアヌの恋愛映画とあって、特に日本でも話題となりました。スウィート・ノベンバーという名の通り、甘いラブストーリーです。

佐々木希・初映画【天使の恋】のあらすじと感想

映画

今回は映画【天使の恋】のあらすじと感想をお伝えいたします!ぜひご参考にしてみてくださいね。 現在も変わらぬ人気を誇る佐々木希の初主演映画【天使の恋】 正直なところ、観始める前はあまり大きな期待をしていなかったのですが、本当に本当に感動しました。まさかまさかの号泣です。泣きすぎでTシャツがビチョビチョになりました・・・

運命の恋の行方は!?映画【慕情】のあらすじと感想

未分類

今回は、映画【慕情】のあらすじや感想をご紹介いたします。是非ご参考にしてみてくださいね~ 悲恋映画の名作です。1949年イギリスの植民地時代の香港で、ハン・スーインというベルギーと中国人のハーフである主人公は、ある英国人記者のマークと知り合います。演じるジェニファー・ジョーンズの衣装や佇まいがとても美しいです。これだけで、前半観てよかったな~と思わせるほどの映像美ですね。

ページの先頭へ